不動産売却査定

中古住宅などの売却の査定のことを紹介したいと思います。今住んでいるマンションなどを売却する際は、不動産の売却価格を決めるために、査定をしてもらうことから始めます。これは何をするかといいますと、売ろうとしている不動産が、そのくらいの売却価格になるのかについて調査して評価をすることです。マンションなど建物の場合では、だいたいが、年数が経てばどれだけ価値が下がっていることの方が多く、また、その建物の状態によっても査定される金額はかなり違いがあります。

 

査定はどうやってやるかといいますと、坪数や間取り築何年といったことで一般的な価格を算出することもできますが、やはり実際に訪問してもらって査定してもらう方が実際に売却する価格を査定できるものです。また、査定は業者によっても違いがありますので、できるだけ高く売却をしたいのでしたら、その査定の確認のためにも、いくつか不動産売却の査定をお願いした方が不動産を高く売却するコツです。

 

複数の査定をすることで、同じ物件でも各社評価額がいっしょでないことがわかることになります。なるべく多くの不動産屋から査定をしてもらって自分の所有する不動産を最も高く売れる会社やその他の条件面も含めて最も良いどころにどこに頼むのかを決めるべきだと思います。しかし、できるだけ高く売りたいといっても、いくつかの業者に査定をしてもらっても期待していたよりだいぶ安かったり中古マンションの評価額などは購入金額を考えると驚くほど低く評価されてがっかりしたということもあるようです。